エックスサーバーの申込みはこちら↓↓↓


エックスサーバーに、WordPressを自動インストールした時の方法を記述します。

エックスサーバーには、自動インストール機能があって、WordPressを簡単にインストールできます。

エックスサーバーにWordPressをインストールする

まず、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。
「サーバーID(ユーザID)」「とパスワード」が必要です。

左下にある「設定対象ドメイン」のプルダウンから、アンインストールしたいドメインを選択し、「設定する」をクリックします。
(選択ドメインを間違えないように、注意!!)

サーバーパネル右上の「現在の設定対象ドメイン」の表示が目的のドメインになっているかを再確認します。

良ければ、「ホームページ」項目にある「自動インストール」をクリックします。

「インストール済みのプログラムの一覧」が表示されますが、「現在自動インストールされたスクリプトはありません。」となっています。
右側のタブ「プログラムのインストール」をクリックします。

すると各種CMSの設定ページに映りますので、一番上にある「WordPress日本語版」の中にある「インストール設定」をクリックします。

すると、インストール設定の一覧表が出てきます。
インストールURLには、インストールするURLが既に記載されています。www付きの有無を選択できます。

また、スラッシュの後に、WordPressを格納するディレクトリを追記できる様になっていますが、何も記載しないとルートディレクトリにインストールされます。
初心者の方には、何も記載しない方がおススメです。

WordPresssで使用するブログ名、ユーザー名、パスワードと連絡用のメールアドレスを入力します。
データーベース欄が「自動でデーターベースを生成する」にチェックの入っている事を確認して、「インストール)(確認)」をクリックします。

インストール情報が表示されますので、問題なければ、「インストール(確定)」をクリックします。

これで、インストールが終わった筈です。
ここで表示された情報は、WordPressを使用する時に必要になりますから、記録しておきましょう。
上の方の、WordPressアクセス先のURLをクリックしてみます。

WordPressのログイン画面が表示されます。
先ほど入力したユーザー名とパスワードを入力して、ログインしてみます。
正常にログインできれば、WordPressのインストール完了となります。