IQサーバー(クラスC分散IPセット)の申込みはこちら↓↓↓


FTP設定ソフトには、色々なものがありますが、ここでは良く使われているFFFTPの設定方法について記述します。

また、GMOのFTP情報の確認方法が分かり難いので、こちらにまとめて解説しておきます。

GMOクラウドレンタルサーバー「iclusta+」のFTP情報確認方法

まず、GMOクラウドレンタルサーバーの「プランマネージャー」ログインします。
ログインする際に、ドメイン名の欄に目的のドメインを入力します。
ログイン後、右上の「ドメイン切替」欄が、目的のドメインになっている事を確認してください。

左の「ユーザー管理」の項目から「ユーザー切り替え」を選択します。

(事前にユーザー登録されている必要があります。ユーザー登録がされていない場合は、まずユーザー登録を行ってから、この操作をして下さい。)

サイト管理者を選択して「切り替え」をクリックします。
一番下の欄に「ウェブ情報」とあります。
ここに書かれた情報が、FTP設定に必要な情報となります。

➀DocumentRoot(絶対パス)
➁FTPアカウント
➂パスワード
➃FTPサーバー
➄ウェブサーバー IPアドレス

上の5つの情報が記載されています。
その内の➁➂➃の情報がFFFTPの設定時に必要になりますので、メモして下さい。

尚、➂のパスワードは、内容が記載されておりません。
このパスワードは、サイト管理者のパスワードになりますので、サイト管理者登録時のパスワードメモから情報を入手ください。

FFFTPの設定方法

色々なFTP設定ソフトがありますが、ここでは最もポピュラーなFFFTPの設定方法を記述します。

FFFTPを立ち上げます。
すると、「ホスト一覧」と言う表示が出ますが、その右上にある「新規ホスト(N)」をクリックします。

すると「基本タブ」が表示されます。
この中に必要な情報を入力すると、FFFTPの設定ができ、ホームページにFTPアクセスできるようになります。

(a)ホストの設定名
(b)ホスト名(アドレス)
(c)ユーザー名
(d)パスワード/パスフレーズ
(e)ローカルの初期フォルダ
(f)ホストの初期フォルダ

上記、(a)~(f)までの設定が必要です。
これ以外に、「anonymous」「最後にアクセスしたフォルダーを次回の初期ホルダーとする」と言う2つの項目について、チェックボックスがありますが、いずれも、チェックを入れない状態で放置します。

(a)ホストの設定名

この欄は、自分がFFFTPのホスト一覧画面で、どのサイトにつなげようとしているのかを分かるための設定名です。
何でも好きな名前を付ける事ができますが、サイト名/サイトURLが想像できる名前を入力して下さい。

(b)ホスト名(アドレス)

ホスト名は、GMOのFTP情報では、「FTPサーバー」と呼ばれる情報になります。(上の➃の情報です)
コピーして貼り付けましょう。(余分なスペースなどが入らない様に注意して下さい。)
基本的に、ftp.example.com と言う情報になります。

(c)ユーザー名

ユーザー名は、GMOのFTP情報では、「FTPアカウント」と呼ばれる情報となります。(上の➁の情報です)
コピーして貼り付けましょう。(余分なスペースなどが入らない様に注意して下さい。)
基本的に、ユーザー名@example.com と言うメール形式の情報になります。

(d)パスワード/パスフレーズ

パスワードは、上の➂の情報になりますが、ウェブ情報欄には、内容が記載されません。
サイト管理者を登録した時のパスワードになりますので、その時のメモを見て入力してください。

(e)ローカルの初期フォルダ

このフォルダーは、あなたが使用しているコンピューターの初期指定ホルダーです。
この時点で、都合の良いフォルダーを指定しておきますと、使用する段階で面倒が省けますので、目的サイトのFTP用のフォルダーをコンピューター内に作成して、そのフォルダーを「ローカルの初期フォルダ」として登録しておくことをおススメします。
指定しなくても構いません。

(f)ホストの初期フォルダ

指定しなくて構いません。空白のままにしておきます

FFFTPの設定完了

これらを入力しましたら、「OK」ボタンをクリックして設定完了となります。