GMOクラウド「iclusta+」でWordPressの自動インストールを行うと、ルートディレクトリにインストールする事ができません。

従って、https://example.com/wp などのディレクトリに、インストールする事になりますが、そのままサイトを立ち上げると、サイトのURLがhttps://example.com/wp となってしまい、気持ち良くありません。

そこで、この「/wp」を削除して、https://example.com にサイト表示させる方法をまとめておきます。

この作業をするには、三つの実施事項を行う必要があります。

  1. WordPressの設定を変更する
  2. index.phpの編集と移動
  3. パーマリンクの再設定

WordPressの設定を変更する

WordPressの設定を変更しますが、こちらの変更は簡単です。
WordPress管理画面の「設定」から「一般」を選択。

「サイトアドレス(URL)」の項目に、https://example.com/wp の記載がありますから、こちらから「/wp」を削除して、https://example.com へ変更します。

削除したら、一番下にある「変更を保存」を忘れずにクリックします。

注意:
その上にある「WordPressアドレス(URL)」は変更しない様にして下さい。

index.phpの編集と移動

index.phpの編集と移動については、FFFTPと言うFTPソフトを使って説明します。

FFFTPで目的のサイトとFTP接続します。
右側のエリアがサーバー内のフォルダーになります。
その中に、「WP」と言うフォルダーがありますから、これをダブルクリックします。

右側のエリアで「/WP」内が展開されます。
展開したファイル情報の中に、「index.php」と言うファイルがありますから、左側のエリアかディスクトップなどにドラッグ&ドロップします。
(FFFTPの設定時に「ローカルの初期フォルダ」を適切に設定していると、左側のエリアをうまく使いこなせます。GMOサーバーのFTP情報確認とFFFTPの設定方法を参照してください。)

ダウンロードした「index.php」をエディターで開きます
私は、テラパットを愛用していますが、他のエディターでも構いません。
(メモ帳などでは編集しないで下さい。)

17行目にある次の記述を編集します。
<編集前>
require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp-blog-header.php’ );

<編集後>
require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp/wp-blog-header.php’ );

上の赤字部分を追記したら、上書き保存して、FFFTPで右側エリアに戻しますが、右側エリアの戻し先は、先ほどの「/wp」を展開した階層では無く、一番上の階層になります。
「wp」のフォルダーが見える一番上の階層です。

右側の階層を一番上の階層に変更して、「wp」フォルダーが見える階層になってから、編集済みのファイルを左から右へドラッグ&ドロップします。

その階層に、「index.htm」と言うファイルが見えると思います。
このファイルが存在すると、トップページの表示がうまく行かない事がありますので、不要となります。
そのまま、削除しても良いのですが、一応、バックアップとして取っておく事にしましょう。

FFFTPの右側エリアの「index.htm」を「bk_index.htm」に名称変更します。

これで、設定は終わりです。

パーマリンクを再設定する

前項の設定変更を行うと、WordPressのパーマリンクの設定が、初期化されてしいます。
WordPressのパーマリンク設定を再設定し直します。

以上が完了したら、https://example.comにアクセスしてみて下さい。
うまく表示されたら、おめでとうごさいます。
完了です!!