ワードプレスで、色々なコードを説明しようとして、うまく行かない場合があります。
その記入したphpが走ってしまい、説明の文書にできないのです。

例えば、wordPressに次の様に記載したとします。

<font color="blue">「文章を青くするコード」</font>

すると、下のように青くなった文字が表示され、肝心なコードが表示できません。

「文章を青くするコード」

そこで、私が良く使うのは、HTML実態参照変換と言うツールです。
akiyan.comさんのページを借りて文字変換します。
HTML実体参照変換ツール

このツールを開いて、上の「文字列」欄に変換する文字を、入力またはコピペします。
そして「変換」ボタンをクリックすると、下の欄に返還されたコードが出てきます。

出て来たコードを、そのままWordPressのページに貼りつければ完了です。

ついでに枠を付けて、見やすくする方法も載せておきます。

<div style="background: #EFEFEF; width: 100%; border: 1px solid #00CC00; height: 100%; padding: 10px;">変換後のコード</div>

「#EFEFEF」は、バックグラウンドの色。
「width:100」は、幅を示します。
「border: 1px solid #00CC00」は、枠線の太さと色です。
「padding: 10px」は、余白を示します。