ワードプレスで用いているGoogle用のXMLサイトマッププラグインを、Google XML Sitemapsから、Jetpackに入っているSitemapに変更しました。

Google XML Sitemapsは、最近動作が不安定の様で、サイトマップ送信が保留になってしまう不具合が出ていましたが、なかなか更新がされないので、Jetpackに入っているサイトマップ機能を使う様に変更してみました。
プラグインを一つ減らせるし、Jetpackのサイトマップには、設定項目がないので、面倒がありません。

Google XML Sitemapsプラグインの削除

Jetpaack以外のGoogle XML Sitemapsなどのプラグインが有効になっていると、JetpackのSitemap機能は動作せずに、他のプラグインが優先になるように設定されているので、競合するプラグインは無効にするか削除する必要があります。
今回は削除することにします。

プラグイン > Google XML Sitemaps を停止します。

停止すると、削除の文字が出てきますので、その削除をクリックしてGoogle XML Sitemapsを削除します。

JetpackのSitemap機能を有効化する

JetpackのSitemapの機能を有効化します。

Jetpack > 設定 > Engagementのタブをクリック
下の方に「サイトマップ」という項目がありますから、こちらのスイッチをONにします。

これで、Jetpackの設定は完了です。

作成されたサイトマップを確認する

作成されたサイトマップを確認するには、https://サイトアドレスexample.com/sitemap.xmlをブラウザーのアドレスバーに入力して表示させます。

sitemap.xmlファイルは実在しないので、サーバーのwordpressディレクトリルート上には存在しません。
ブラウザー上で確認してください。

XML サイトマップ
という表題で、ウグイス色のリストが出てくればOKです。

Google Search Consoleへ登録する

Google Search Consoleへログインします。

クロール > サイトマップ

サイトマップのページを開けると、右上に「サイトマップの追加/テスト」という表示がありますので、こちらをクリックします。

出てきたボックスに、sitemap.xmlと記入して、XMLサイトマップのURLとなる様に追記します。

記入したら、すぐ下にある「テスト」ボタンをクリックします。

テストが完了しましたの表示が出たら、すぐ横にある「テスト結果の表示」をクリックします。

ウェブページの送信数が表示されて、「エラーは見つかりませんでした。」の表示が出れば成功ですので、「テストを閉じる」をクリックして、テストを終了させます。

同様の手順で、サイトマップのページ右上の「サイトマップの追加/テスト」という表示を、再度クリックします。

出てきたボックスに、sitemap.xmlと記入して、XMLサイトマップのURLとなる様に追記します。

記入したら、すぐ下にある「送信」ボタンをクリックします。

アイテムを送信しました」の表示が出たら、すぐ右に表示されている「ページを更新する」をクリックします。

これで、Google Search Consoleへのサイトマップ送信登録は完了です。