固定ページでサムネイル表示で、メニュー表示が出来るプラグインを探してみました。
「Child Pages Shortcode」と言うプラグインが使えそうなので、導入してみました。

このプラグインが動作するには、表示しようとするページを子ページに指定しないといけません。
表示するページが親ページになる様に、子ページを設定していきます。

設定方法は、子ページになる固定ページを開いて、ページ属性欄の「親」のプルダウンをクリックして、親ページを設定して、更新します。

子ページ設定が終わったら、「Child Pages Shortcode」のプラグインを新規追加して、有効化します。
「Child Pages Shortcode」は、プラグインの設定等はありません。
有効化したら、そのまますぐに使用できるようになります。

親ページのサムネイル表示をしたい部分に、以下のショートコードを、記載してください。
[child_pages]
これだけで、表示が出来る様になります。

さらに、このショートコードの中に、属性を追加するとカスタマイズできて、多彩な表現ができる様になります。
(属性を追加した例)
[child_pages width=”33%” size=”medium”]

<指定できる属性の内容>
id :
子ページを出力したい固定ページのIDを指定できます。デフォルトはショートコードを貼りつけた固定ページのID。

width :
子ページのブロックの横幅を指定できます。デフォルトは50%。

size :
画像のサイズの名称を指定できます。デフォルトは”thumbnail”。これ以外に”large”、”medium”、”post-thumbnail”があります。

disabled_excerpt_filters :
抜粋に対するフィルターが適用されなくなり、負荷が低減されます。

尚、子ページが表示される順番は、WordPress固定ページ入力項目にある、ページ属性の順序に入力した順番通りに表示されます。
表示順番を変えたい場合は、この順序を変更して下さい。