NextScripts:SNAPプラグインを導入する前準備

新しいブログを公開した時や、ブログの内容更新時だけでなく、無料バージョンで、定期的に旧記事を自動的にツイッターへ投稿してくれるプラグインを紹介します。

まずは、ツイッターのアカウントを作っておきましょう。

ツイッターの自分のツイッターURLによって、NextScripts:SNAPプラグインと連携する様になります。

また、Twitter アプリケーション登録時には、ツイッターアカウントに電話が登録されている必要がありますので、忘れずに登録してください。

設定した電話番号は、NextScripts:SNAPプラグイン連携後削除しても構わないので、必要に応じて削除してください。

Twitterアプリケーション登録

WP to Twitterを設定するには、ツイッターから必要な情報を得る必要があります。

  • ツイッターデベロッパーアカウントの取得
  • APIの作成
  • アクセストークンとアクセストークンシークレットの発行

これらのプロセスを経る必要がありますが、内容が長くなるので、別ページにまとめましたので、そちらを参照して必要な情報を取ってください。

「TwitterのAPIキーとアクセストークンの入手方法」はこちら

プラグインに必要な情報は、以下の通りとなります。

  • API key
  • API secret key
  • Access token
  • Access token secret

これらの情報を入手出来たら、こちらのページへ戻ってきて下さい。

NextScripts:SNAPプラグインのインストール

API情報などの各キー情報の入手はできましたか?

ご苦労様でした。

キーを入手したら、NextScripts:SNAPプラグインをインストールします。

ワードプレス画面の左側のプラグインタブから、新規追加をクリック。

右上のキーワードに「snap」を入力すると、緑いろの草のなかにSNAPと書かれたマークのNextScripts: Social Networks Auto-Posterが表示されるので、「今すぐインストール」をクリック。

インストールが完了したら「有効化」をクリックします。

すると、ワードプレス画面左側サイドバーの下方に、SNAP|AutoPosterの表示が追加されます。

この表示が出ればOKです。

各keyの設定

ワードプレスサイドバー左下の「SNAP|AutoPoster」へカーソルを移動します。

すると、その下にタブが展開されます。(展開されないときは、一番上にあるReposterをクリックしてみて下さい。これをきっかけに展開されるようです。バグ?)

展開されたタブの一番上の「Accounts」をクリックします。

替わった画面の左上に出てくる緑色の「Add new account」ををリックします。

「Add New Network」のポップアップの「please select network..」のプルダウンから、Twitterを選択します。

そして、出てきた入力ページに、入手した4つのkeyを含めて、次の情報を記入していきます。、

  • Account Nickname
    ニックネームなので何でも良いのですが、何のアカウントか分かる内容が良いです。
    私の場合は、Twitterのユーザー名を入れました。
  • Your Twitter URL
    このURLは、目的のTwitterページアクセスし、プロフィールページを表示したときのURLになります。
    コピペしましょう。
  • API Key
    先ほど入手したAPI keyをコピペします。
  • API Secret
    先ほど入手したAPI Secretをコピペします
  • Access Token
    先ほど入手したAccess Tokenをコピペします
  • Access Token Secret
    先ほど入手したAccess Token Secretをコピペします
  • Message Format
    ここには、ツイッターメッセージのフォーマットを入力します。
    フォーマットは、後からでも修正できますので、とりあえずの内容を入れておいてOKです。
    下に詳しく説明します。
  • Attach Image to the Post
    画像を一緒に投稿する場合は、ここにチェックを入れます。

記入が終わったら、一番下の「Add Account」をクリックします。
Doneと言う文字が見えて、画面が切り替わったらOKです。

ツイートフォーマット設定

ツイートフォーマットについて、説明しておきます。

New Accountを作成済みなら、「Account」タブを開いて、中央付近にあるAuto-Pbulish to Twitter(nickname)へカーソルを合わせます。

すると、右側に「Show Setting」の文字が現れますので、これをクリックします。

New Accountの設定ページが現れますので、ここで修正できます。

Message Formatの項目のBox内にフォーマットを設定できます。

ここで記入した文字は、そのままツイート文面となります。

%で囲まれたコードは、ワードプレス内の情報を引き出してきて、文面に組み入れてくれますので、これらを組み合わせてツイート文フォーマットを作ります。

「Show format info」をクリックすると、%で囲まれたコードの一覧が表示されますので、内容確認して使用して下さい。

私の場合は、

%TITLE%
%EXCERPT% – %SURL%
%HCATS%

と言う内容にしました。

設定出来たら、忘れずに「Update Accounts」をクリックしてフォーマット変更をsaveします。

Reposterの設定

旧文書を自動的に投稿してくれる設定を行います。

この設定は、ワードプレスサイドバー左下の「SNAP|AutoPoster」のサブタイトルの「Reposter」から行います。

「Reposter」をクリックします。

Add New Reposter Actionのページが開きますので、自動投稿のセッティングをしていきます。

Activate this Reposter Actionにチェックを入れます。(チェックを外すと自動投稿が止まります。

Reposter Action Title:に、自動投稿のタイトルを入力します。

無料版ですと、旧から新なのか、新から旧なのかしかえらべないので、その意味をタイトルへいるのが良いと思います。

例:Twitter名 設定時間 old to new

Get posts: は、旧から新なら「One by One-Old to New」を選択、新から旧なら「One by One-New to Old」を選択します。

Post ONLY never autoposted postsのチェックは外しておきます。

次の「When to post (schedule)」の項目で、Post every:に投稿する時間間隔を入力します。

Randomize posting time:には、ばらつかせる時間範囲を入力します。

後はそのままでOKです。

最後に。一番下の「Save reposter」をクリックすれば設定は完了です。