1記事の中に目次を作りたい事があります。
そして、最近では、そのSEO効果も注目されています。

でも、いちいち目次を作るのは大変です。
Table of Contents Plusのプラグインは、この目次作成を自動でやってくれるプラグインです。

ついでに、人間用のサイトマップも作ってくれるので、活用範囲は結構あります。
ちなみに、この下にある目次は、Table of Contents Plusを使って作ったものです。

Table of Contents Plusのアップロード

まず、Table of Contents Plusを、Wordpresにアップロードします。

プラグイン > 新規追加

で、Table of Contents Plusを検索して、アップロード。
アップロードできたら、有効化します。

Table of Contents Plus使用上の注意点

Table of Contents Plusのプラグインは、h1からh6までの見出しHTMLタグを用いて目次を生成します。

したがって、h1からh6までの階層がきちっと記述されていないと、めちゃくちゃな目次になってしまいますので、注意が必要です。

(この階層がきちっとしていないとSEO的にも問題があります。)

当然の事ながら、h1からh6の見出しHTMLタグを使用していなければ、Table of Contents Plusで目次を作ることはできません。

Table of Contents Plusの表示方法

Table of Contents Plusでは、見出しの階層を設定で変更することができます。
希望の表示階層に合わせて、表示/非表示を設定してください。

設定 > 目次+ > 基本設定タブの一番下→上級者向け(表示)> 見出しレベル

にチェックを入れるかどうかで、設定できます。

Table of Contents Plusの設定

設定 > 目次+ > 基本設定タブ

を選択して、以下の内容を設定します。

  • 表示する場所
  • 表示条件
  • 投稿タイプ
  • デザイン等

サイトマップの生成

Table of Contents Plusには、人間用のサイトマップを生成する機能があります。

サイトマップを表示したい記事に、

というショートコードを貼り付ける事で、表示することができるようになります。

サイトマップ機能を使用しない場合は、何もしなくてOKです。

設定 > 目次+ > サイトマップタブ

サイトマップ機能を使用する場合は、サイトマップに表示する内容などの詳細条件を、上のサイトマップタブに入力して、

というショートコードを記事の必要な場所に入れます。

まとめ

Table of Contents Plusのプラグインを使用すると、自動的にページ内目次を作成してくれます。
リンクのミスや、見出し変更時の目次の更新忘れなどのミスがなくなり、快適に記事作成に専念できます。
ぜひ利用してみください。