固定ページにカテゴリー毎の一覧を表示できるプラグイン「Shortcodes Ultimate」を使ってみました。
グリッドを自分で作らなくて良いので、とても便利です。

「Shortcodes Ultimate」のインストール

WordPressの管理画面から、
プラグイン > 新規追加 をクリックします。
右上の「プラグインの検索」の小窓に「Shortcodes Ultimate」を入力して「Enter」

出て来た「Shortcodes Ultimate」の中にある「今すぐインストール」をクリックします。
「有効化」のマークが出ていますので、これをクリックします。
プラグインのページに戻りましたら、導入完了です。

「Shortcodes Ultimate」

プラグインの導入と有効化ができましたら、固定ページを開いてみます。
すると、入力画面の上に「ショートコード挿入」と言うボタンが追加されていますので、これをクリックします。

すると、大きなテーブルが表示されますので、その中にある「投稿」をクリックします。

詳細設定画面が開きますので、設定していきます。
テンプレート
投稿ID
ページあたりの投稿数(デフォルトで5にセットされています。全て表示する場合は「-1」を入力します。)
投稿タイプ
タクソノミー
条件(ここで、表示するカテゴリーを選択します。)
表示する投稿の条件
投稿者
Metaキー
オフセット
順序

親投稿
投稿ステータス
スティッキーを無視

良く分からない時は、上の緑色部分以外はデフォルトのままで構いません。
「プレビュー」で確認して設定OKなら、「ショートコードを挿入」をクリックします。

これで、設定した内容のショートコードが、固定ページ内に貼り付けられました。
実際のサイト表示を確認して、完了です。

一覧からコメント記述を削除する

実際に表示すると、記事ごとに、いちいち「コメントなし」と言う表示がされます。
これが嫌な場合は、これを削除します。

プラグイン > Shotcodes Ultimate ですぐ下にある「編集」をクリックします。
プラグイン編集のプラグインファイルから、使用するファイルを選択します。
今回の場合は、デフォルトのままですから、
「shortcodes-ultimate/template/single-post.php」と言うファイルを選択します。

リストの中から次の内容を探します。(下の方にあります)

<a href="<?php comments_link(); ?>" class="su-post-comments-link"><?php comments_number( __( ‘0 comments’, ‘shortcodes-ultimate’ ), __( ‘1 comment’, ‘shortcodes-ultimate’ ), ‘% comments’ ); ?></a>

これをそっくり削除します。
削除した内容は、どこかに保管しておくことをお勧めします。